西武ドラ2佐々木、1カ月試合出場停止 コロナ禍で知人女性との長時間面会

西日本スポーツ

 西武は25日、ドラフト2位新人の佐々木健投手(25)が、新型コロナウイルス感染拡大防止のルールに違反したとして1カ月の対外試合出場禁止処分に科したと発表した。

 球団によると、7月と8月の2回、同居家族以外の知人女性と長時間の面会を行い、義務づけられている行動記録の未提出および記載漏れがあったという。23日に佐々木から報告があり、詳細を確認し、判明した。

 球団は「佐々木に対しては、プロ野球選手としての自覚を持つことはもとより、自らの行動に責任を持ち、ルールを順守するよう厳しく指導いたしました。また、チーム全体に対しても、今般の事態を伝え、あらためてルールを順守するよう指導・徹底します」とした。

 佐々木は「コロナ禍においてさまざまな制約があるなか、私自身の甘さゆえ、関係の皆さま、ファンの皆さまの期待を裏切る行動を取ってしまったこと、心よりおわび申しあげます。大変申し訳ございませんでした」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング