デスパイネ4安打3打点 千賀7回無失点 アルバレスは猛烈ヘッドで打点

西日本スポーツ

 ◆西武1-6ソフトバンク(25日、メットライフドーム)

 ソフトバンクは3回1死から牧原大が死球、柳田が四球で出塁。一、二塁となり、4番栗原が外角高めのツーシームを捉えた強烈な打球は、三塁の呉念庭を強襲。これが二塁打となり、幸先よく先制した。

 5回1死一、二塁でもデスパイネが右前へと運び、2死満塁となって同じキューバ出身のアルバレスが三塁へのボテボテの当たりで一塁へ全力疾走し、ヘッドスライディングでセーフ。価値ある4点目を挙げた。

 デスパイネが7回にもタイムリー、9回も二塁打を放って4安打3打点の大暴れ。

 投げては先発千賀が6回まで6四球を与えながらノーヒット投球。7回2安打無失点でマウンドを譲り、8回は甲斐野、9回は尾形が1失点で抑えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ