“青山学院対決”渡辺雄が後輩・吉田正を抑える

西日本スポーツ

 ◆オリックス-ソフトバンク(29日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクの2番手、渡辺雄が“同門対決”を制してピンチをしのいだ。

 同点の5回2死一、三塁、打率リーグトップの吉田正を迎えた場面で先発和田の後を受けてマウンドへ。左腕が1ストライクからスライダーで遊ゴロに仕留めた。

 吉田正は青山学院大の2学年後輩。ドラフト1位でプロ入りした後輩に対し、自身は大学時代にリーグ戦での登板がなく、独立リーグを経て育成選手としてホークスに入団した苦労人だ。1軍の舞台で、先輩の存在感を見せた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ