西武1分け挟み3連敗…エース高橋6回5失点、森復帰即適時打も後続断たれる

西日本スポーツ

 ◆ロッテ5-1西武(31日、ZOZOマリンスタジアム)

 エースが投げ、中軸が復帰しても獅子の苦しい流れは止まらなかった。西武が1分けを挟み、3連敗を喫した。

 0-0の4回。先発高橋が踏ん張りきれなかった。四球も絡んで迎えた1死二、三塁のピンチ。マーティンに甘いフォークボールを捉えられ、右翼フェンス直撃の先制2点二塁打を浴びた。

 2年ぶり2桁10勝にリーチをかけていた右腕は「目の前を打者一人一人としっかり勝負して、結果としてゼロに抑えていければ」と力を込めていたが、6回も再びマーティンに2死からソロを許した。レアードには四球。不運な当たりもあったが山口と安田には連続二塁打とされ、3失点。「要所で粘ることができなかった」と、この回限りでマウンドを降りた。

 「コロナ特例」で出場選手登録を抹消されていた森が5日ぶりに1軍復帰した。即スタメンマスクで3番に座ると、5点を追う7回1死二塁から美馬の高めスライダーを中前適時打。だが、後続が断たれてこの回は1点止まり。その後は追加点を奪えなかった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング