2度目の初回先頭打者弾放った牧原大 前回との奇遇な共通点

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-楽天(2日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの牧原大が楽天の先発則本昂から初回初球に先頭打者本塁打を放った。

 牧原大の先頭打者本塁打は2本目で、2019年7月26日のオリックス戦(ヤフオクドーム。現ペイペイドーム)以来。前回は先発の千賀が初回に2点を失った直後、K-鈴木から2号ソロを右中間テラス席に運んだ。3回に左前打、6回に中前打と3打席連続安打で気を吐いたものの、千賀が7回6失点(自責5)でKO。試合も2-6で敗れた。

 くしくもこの日の先発も千賀。奇遇な共通点のある初回先頭打者弾となった。

 

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ