ソフトバンク連敗ストップ! 牧原大が先頭打者弾、柳田リーグ単独トップ24号3ラン、千賀7回2失点

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-2楽天(2日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが快勝で連敗を4で止めた。

 初球を思い切り振り抜いた。初回。1番の牧原大が則本昂の151キロ直球を完璧に捉えた。打球は右中間席に着弾。「いい投手なので追い込まれる前に積極的にいこうと打席に入った」。2019年7月26日のオリックス戦(ヤフオクドーム。現ペイペイドーム)以来自身2度目の初回先頭打者弾で先制点を奪った。

 この一発で沈みがちだったチームの雰囲気も変えた。8月31日の楽天戦は逆転負け。引き分けを挟み4連敗中で迎えた9月の初戦だった。初回は千賀が無安打に封じて無失点。「千賀に勝ちをつけられるように」。育成で同期入団のために見事に捉えてみせた。

 左大腿(だいたい)二頭筋の筋損傷から8月24日に復帰後、8試合連続安打をマーク。小久保ヘッドコーチが「一番状態がいい」と話すように、8月31日からは1番を任されている。2点リードの5回にも1死から左前打。中村晃が右前打で続くと、柳田が右翼テラス席へ14試合ぶりの24号3ランを放った。

 5回までに5点を奪った打線に応えるように、千賀も気迫の投球で5回までは無失点。6回に3本の安打を浴び2点こそ失ったが7回2失点。試合をつくり、救援陣へバトンをつないで逃げ切った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ