プロ初2番の松田は好機で代打送られ交代 山本由伸との好相性を買われるも…

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-2オリックス(3日、ペイペイドーム)

 プロ16年目で初めて2番に座った松田は2打数無安打、1四球だった。

 今季、この試合前まで12打数6安打と山本を得意とし、工藤監督が「ランナーがいればマッチ(松田)だったら(好機を)広げてくれる」と攻略に向けた勝負手の起用だった。初回、コントロールが安定しない山本から四球を選んで出塁したが、3回は高めの151キロカットボールを見逃し三振。6回は152キロ速球で遊ゴロに倒れた。

 8回1死二塁の好機には代打に長谷川を送られ、ベンチに退いた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ