九産大2回一挙15点 5季連続優勝へ25得点発進

西日本スポーツ

 福岡六大学野球の秋季リーグ戦(西日本新聞社後援)は4日、福岡市の九産大野球場で開幕し、2018年秋以来の優勝を目指す九共大は福教大に7-0で8回コールド勝ちした。先発の坂元創(2年・春日)が6回1安打無失点の好投。九産大も九工大に24-0と5回コールドで大勝した。

 5季連続優勝を目指す九産大は19安打24得点と打線が爆発し、順調な滑り出しとなった。初回に6点を奪うと、2回に打者二巡、一挙15点の猛攻で試合を決めた。初回に3点二塁打などチームトップの5打点を挙げた福森(4年・北九州)は「初戦の入りをテーマにやってきたので結果が出てよかった」と喜んだ。

 

 

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング