西武11カードぶり勝ち越しならず 渡辺7失点KO、水上は連続試合無失点17でストップ 栗山2安打

西日本スポーツ

 ◆楽天8-2西武(5日、楽天生命パーク宮城)

 西武は投手陣が試合をつくれず大敗し、11カードぶりの勝ち越しはならなかった。

 先発の渡辺が4回途中7失点でKO。3回は2死からの四球をきっかけに3失点。1点差に迫った直後の4回に3本の長短打などで4点を失った。「今日はビジター球場での先発でしたが、いつも通り試合に入ることはできました。調子も良かったのですが…。2回まではいい形で抑えることができましたが、3回2死から辰巳さんに出した四球が今日の全てだと思います。自分の甘さ、心の隙が出てしまいました。島内さん、茂木さんに打たれたタイムリーは力みが出てしまいました」とコメントした。

 2番手の水上はプロ初失点を喫した。先発渡辺の後を継いで、4回1死一、三塁のピンチで登板。小深田にスクイズを許し、さらに2死一、二塁としたところで茂木に走者一掃の左二塁打を浴びた。失点1が記録された。更新していたパ・リーグ新人記録のデビューから連続試合無失点が17で途切れた。

 打線もつながらず2得点。4日の楽天戦で通算2000安打を達成した栗山は2安打を放った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング