パラマラソン独走金の道下美里「環境つくってくれた」伴走者や栄養士らチーム力の勝利

西日本スポーツ 松田 達也

 東京パラリンピックは最終日の5日、陸上のマラソンが行われ、視覚障害T12の女子では、世界記録保持者で2016年リオデジャネイロ大会銀メダルの道下美里(44)=三井住友海上、福岡県太宰府市在住=が3時間0分50秒で制し、初の金メダルに輝いた。

 悲願の金メダルが現実になった直後、道下は後半の伴走者だった志田淳さんと抱き合って喜んだ。大会記録を更新する3時間0分50秒。「最高の準備をして臨んで思い通りにできた」と喜んだ。

 伴走者や栄養士らでつくる「チーム道下」の分析と観察眼が会心のレースを呼んだ。中盤までは2位になったロシア・パラリンピック委員会(RPC)選手との競り合い。志田さんは30キロ付近で相手が少し遅れたことに気付いた。「相手は1500メートルにも出ていたのでスタミナは落ちるとみていた」。道下に「行けるか?」と確認。道下は「行ける」とスパート。一気に引き離した。「志田さんが素早く気付いて指示をくれた。そこで仕掛けることができた」と感謝した。

 スタート前からの強い雨にも「2017年に試走した時も、こんなコンディション。想定していた」。水が体にまとわりついて熱がこもるのを防ぐため、走っている時でも手にしたタオルで体を拭いた。

 練習拠点は福岡市の大濠公園。東京の大舞台でも「大濠公園を走っているイメージで、終始リラックスしていた」。昨年新型コロナウイルスの感染状況が悪化したころは、同公園を走れず、山奥のダム湖の周囲を走るなどして調整してきた。なじみの場所を駆けることができなかった時期の分まで、都心を自分のペースで走りきった。

 「自信を持ってスタートラインに立って、自分の走りができた。その環境をつくってくれたのは仲間の皆さん。そういう意味では百点満点だった」。銀メダルだった2016年リオデジャネイロ大会では表彰台で悔し涙に暮れた。「5年前の忘れ物を取りにいった」東京。ゴールの時、道下を祝福するように国立競技場の雨空から光が差した。(松田達也)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング