パラ閉会式「スカイツリー」がトレンド入り 横たわる巨塔にネット注目&ドキドキ「え?倒れた」

西日本スポーツ

 ◆東京パラリンピック 閉会式(5日、東京・国立競技場

 フィールドに東京スカイツリーのオブジェが横たわった状態で運び込まれ、各国・地域の旗手が、ボランティアから手渡された円形の小さな鏡を貼り付けていった。

 中継視聴者はツイッターで「どうなるのかな」「起き上がるの」と興味津々。「スカイツリー」がトレンド入りした。東京タワーなどの建物や植物など東京市街を構成するオブジェの一部で、バンド「ゴダイゴ」往年の名曲「ビューティフル・ネーム」が流れる中、パフォーマーがスカイツリーを起こす表現が行われた。

 だが、起き上がりきれずに元に戻ってしまい「え?倒れたよ??」と戸惑いのツイートも。再び起こされる途中でも倒れてしまい、3度目でようやく立ち上がったが、一連の流れは演出だったようで「事故かと思ったら演出か」と安堵(あんど)の声が広がった。

 大会組織委員会によると、貼り付けられた鏡は今大会で輝きを放った選手たちの象徴で、選手たちが東京の街に輝きを与えてくれているシーンだという。本家スカイツリーは大会中、パラリンピック・カラーのライティング。閉会式の一方で、日の丸カラーからフランス国旗のトリコロールに変わり「TOKYO to PARIS」の文字が表示された。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング