パラリンピックの新星19歳梶原 金メダルに「面白いね」とメッセージ

西日本スポーツ

 東京パラリンピック最終日の5日にメダルを獲得した選手による記者会見が6日、東京都内で行われた。

 バドミントンの男子シングルス(車いすWH2)で金、男子ダブルス(車いす)で銅メダルを獲得した梶原大暉(日体大)=福岡市出身=は、10月に東京で開催される世界選手権での2冠を誓った。メダル2個獲得から一夜明け「感動した、面白いね、といううれしいメッセージをたくさん頂いた」と明かす。

 3年後のパリ大会に向けて、さらなる飛躍が期待される19歳は「世界選手権でシングルス、ダブルスともに優勝できるようにしたい」と誓った。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング