【クローズアップ】村松修二 初日の失敗生かし準優2枠 【宮島】

西日本スポーツ

 地元の村松修二(30)=広島=が予選を6位で突破し、準優勝戦12Rに駒を進めた。

 今節は近況、下降気味の59号機を引き、前検は気配ひと息。初日の2走を(4)(6)とし、早くも後のない状況に追い込まれてしまった。ただ、「初日の失敗があったから調整に生かせられた」とこの逆境を糧とした。

 2日目の3R2号艇での一戦を2M逆転で制すると、ここから巻き返しモードに突入する。3日目前半2Rのイン戦をきっちり逃げ切って今節2勝目を手にし、後半7Rも1M最内差しを決めて破竹の3連勝を達成した。

 4日目は大外6コース戦。バック5番手に置かれる苦しい状況だったが、ここでも執念を発揮。怒濤(どとう)の追い上げを見せて3周1Mでは2着争いまで演じる。3周2Mで舟が暴れてしまい、結果は3着も舟足の良さをアピールした。

 「足は伸び寄りでスリット付近は余裕があります。もう少しターンの軽快さが欲しいけど、操縦性は日ごと良化しています」と機は上々の気配。

 宮島は昨年2月のG1中国地区選手権Vがあるが、「地元だし何回でも勝ちたい。今節は集中できています」と自身2度目のG1優出へ意欲を見せた。 (岡部貴礼)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング