カーブを捕れなかったルーキー城島健司に工藤公康は…元阪神、ホークス捕手が語るプロの厳しさ

西日本スポーツ 西口 憲一

【球音】

 コロナ禍で今季も入場制限が設けられ、ペイペイドームまで乗客を運ぶ機会は多くない。福岡市の「西日本タクシー」で運転手となって1年半あまり。元ダイエー捕手の岩切英司さん(59)は願う。「球場でホークスの試合観戦を楽しみにしているお客さまと車内で野球談議をしたいね」

 福岡の街で暮らすようになって30年の月日が流れた。いろんな思い出がある。阪神から移籍1年目の1991年に当時西武の工藤公康から打った一打が、岩切さんにとってダイエーでの唯一のヒットとなった。「カーブを確か三遊間方向に打ったはず」。その工藤がFAで加入した95年はダイエーにとって大きな転換期となった。王貞治監督が誕生し、高卒新人で城島健司が入団。前年の94年限りで現役を引退した岩切さんは育成コーチで再出発した。

 「投手コーチの村田兆治さんから頼まれて、春のキャンプは1軍のブルペンを手伝った」。ある日、城島が工藤の球を受ける「体験学習」に来た。「城島! カーブね!」。球界屈指の落差と切れを誇った工藤の代名詞。投球前に球種を伝えても18歳は捕れなかった。3球ほどだっただろうか…

------------------------------

★続きはダウンロード無料のホークス情報アプリ「西スポたか報」でお読みいただけます。

「プレミアム会員限定」コーナーでお楽しみください。会員登録は初月無料です。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ