ソフトバンク佐藤直がコロナ陽性判定 10日の2軍戦は中止

西日本スポーツ

 ソフトバンクは10日、佐藤直樹外野手(23)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。発熱などの症状があるという。同日に開催予定だったウエスタン・リーグのオリックス戦(オセアンバファローズスタジアム舞洲)は中止となった。

 佐藤直は8日に球団の自主スクリーニング検査を受け、9日に陽性の疑いが出たため、福岡市内の病院で抗原検査を受けて陽性判定を受けた。10日時点で37・5度の発熱や喉の若干の痛み、せき、倦怠感があり、所轄保健所の指示で自室待機をしている。

 2軍は同カードのため関西遠征中。球団は「2軍遠征メンバー全員、PCR結果判明まで自室待機としております」などと説明。所轄保健所の濃厚接触者判定を待つとした。

 1軍と3軍については影響はないとして予定通りの活動を継続する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ