ソフトバンク1軍本拠試合で「ワクチンパスポート」継続 2軍は無観客

西日本スポーツ

 ソフトバンクは10日、福岡県に発出されている新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が30日まで延長されたことに伴い、ペイペイドームでの1軍主催試合で、ワクチン2回接種か観戦日1週間以内のPCR検査陰性の人に限定した観客の受け入れを継続すると発表した。

 対象は14~16日のロッテ戦、24~26日の日本ハム戦、28~30日の西武戦の9試合で、いずれも上限5000人。一方で期間中にタマスタ筑後で行われる2軍の17~19日の広島戦、21~23日のオリックス戦、28~30日の中日戦は無観客で開催される。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ