ホリエモン参画「フェニックス」加盟を承認 九州アジアリーグ 北九州市本拠

西日本スポーツ

 プロ野球独立リーグのヤマエ久野九州アジアリーグを運営する九州アジアプロ野球機構は10日、理事会で北九州市の新球団「福岡北九州フェニックス」の新規加盟を承認したと発表した。

 福岡北九州フェニックスは実業家の堀江貴文氏が経営に参画。5月に行った記者会見では、北九州市民球場や周辺球場の利用を想定し、来季からの同リーグ参加を目指していると発表していた。球団ホームページによると、10月30日と11月3日に球団トライアウトを予定している。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング