家、銅像…何を買う? 西武栗山の通算2000安打に高額な記念商品が続々登場

西日本スポーツ

 西武と西武建設は10日、栗山巧外野手(38)の通算2000安打を記念して、両社の協同による同選手プロデュース企画型住宅「西武ハウス 栗山巧の家」を限定5棟、建築本体価格2695万円(税込)で受付を開始した。現役選手がプロデュースした企画型住宅はプロスポーツ界では極めて異例。施工エリアは埼玉県と東京都(一部地域は要問い合わせ)。申し込みは来年1月末まで。問い合わせ先は西武建設企画部。

 「栗山巧の家」は〝戦い続ける人のくつろぐ家〟をコンセプトにした。栗山にとっての家とは「オンとオフの切り替えや全てをリセットしてスタートさせる重要な存在」と語っており、プロ野球選手として20年のキャリアを誇る栗山のこだわりをもとに、西武建設の「匠」たちが一から作り上げた。仕事や家事など、日々さまざまな〝戦い〟に向き合う家族全員がリラックスできる空間に仕上げたという。特典として、先着で1棟目をご成約した購入者の自宅に、栗山本人が訪問する予定。

 このほかにも西武は、栗山の実寸大の銅像(990万円)や胸像(550万円)などの高額商品も続々発売。通算2000安打を達成した際に球場で掲げた記念パネルも20万円からオークションにかけられている。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング