HKT48のエース田中美久と運上弘菜が初ソロ公演 19日から有観客も再開

西日本新聞 古川 泰裕

 HKT48の最新シングルでセンターを務めた田中美久(19)と運上弘菜(23)が10日、ユーチューブで緊急生配信を行い、それぞれのソロ公演を開催すると発表した。運上は9月20日、田中は25日にそれぞれ「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市)で初日を迎える。また、前日の19日から感染防止対策を徹底した上で、有観客での劇場公演を再開する。2人のソロ公演は1度きりではなく、今後も随時開催していくという。

 田中のソロ公演のサブタイトルは「もっと!みんなで一緒にみくもんもん」。自身が12日に20歳の誕生日を迎え「20歳だからこそできる」をコンセプトに、これまでは年齢的に参加できなかったような楽曲もセットリストに入っているという。

 一方、運上のソロ公演のサブタイトルは「WHITE」で、「博多の白い恋人」という愛称にふさわしいネーミング。「ザ・アイドル」な運上を見られる内容になっているという。ソロ公演自体が初めてで、リハーサル段階から「膝が震えてまっすぐ立てなかった」と緊張気味の新エース。ソロコンサートの経験がある田中から「ファンの人の顔を見ると安心するから(大丈夫)」とフォローされたが、「ちょっと信じられない」と鋭い切り返しを見せ、笑顔で「雰囲気が正反対くらいに違うので、それぞれのソロ公演を楽しんでほしい」と呼び掛けていた。 (古川泰裕)

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング