ソフトバンクは最下位日本ハムとドロー 7回に救援陣が4失点で逆転許すも、9回に三森が同点打

西日本スポーツ

 ◆日本ハム4-4ソフトバンク(10日、札幌ドーム)

 ソフトバンクが最下位日本ハムと引き分け、首位ロッテ、2位オリックスとの差が4・5ゲームと半歩広がった。

 4回に先頭の柳田が河野から頭部死球を受けて球場が騒然となったが、ベンチで治療を受けた後にプレー続行。栗原も死球で無死一、二塁となり、デスパイネが中前に先制打。さらに敵失で1点を加えた。

 柳田は5回の次打席で河野から右翼線へ3点目の適時二塁打を放った。先発のマルティネスも6回を4安打無失点と力投。ここまでは完全にソフトバンクのペースだった。

 ところが、7回に救援陣がつかまった。2番手板東から渡辺雄、田中、古谷の4投手をつぎこんだが、4点を失って逆転を許した。

 1点を追う9回は打線が4番手のB・ロドリゲスを攻め、2死二、三塁から三森が中前へ同点適時打。さらに柳田の四球で満塁としたが、栗原が見逃し三振に倒れた。9回は森が3人で片付けて引き分けた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ