ソフトバンクのラッキーボーイ・リチャードが強運全開 凡打ももん絶死球も得点呼ぶ

西日本スポーツ

 ◆日本ハム4-4ソフトバンク(10日、札幌ドーム)

 5戦連続でスタメン出場したリチャードがラッキーボーイぶりを見せつけた。

 1点を先制した直後の4回1死一、三塁で河野のスライダーを果敢にスイングすると、詰まった三塁へのゴロを野村がファンブルし、2点目をもぎ取った。失策ながら1打点をマーク。9回は先頭でB・ロドリゲスから左手小指付近に死球を受け、跳びはねてもん絶した。工藤監督は「(本人は)『大丈夫です。アドレナリンが出てました』と言っていた。トレーナーにも見てもらったが骨折などはない。またあしたですね」と説明した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ