デスパイネは殊勲打でガッツポーズも白星呼べず

西日本スポーツ

 ◆日本ハム4-4ソフトバンク(10日、札幌ドーム)

 デスパイネが自身4試合ぶりのタイムリーとなる先制打を放った。

 柳田、栗原の連続死球で得た4回無死一、二塁で、左腕河野の甘い直球を中前へ。先発のマルティネスが好投していただけに「チャンスだったので『絶対に先制点を』と気持ちが入ったよ」とガッツポーズを繰り出したが、勝利にはつながらなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ