ソフトバンク周東、右肩手術が終了 復帰まで約6カ月で今季絶望に

西日本スポーツ

 ソフトバンクは11日、周東佑京内野手(25)が10日に佐賀市内の病院で右肩関節鏡視下関節唇形成術を受けたと発表した。

 手術は無事に終了し、1週間から10日ほど入院する予定。復帰までは約6カ月を要する見込みで、今季中の実戦復帰は絶望となった。

 今季はここまで70試合に出場して打率2割1厘、3本塁打、5打点。リーグ2位の21盗塁をマークしていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ