三森が初の2戦連続3安打! 全て左のキラーぶり、打率4割3分8厘

西日本スポーツ

 ◆日本ハム17-5ソフトバンク(11日、札幌ドーム)

 ソフトバンクの三森が、自身初となる2試合連続の1試合3安打以上をマークした。

 初回は1死から二塁への当たりで快足を飛ばして内野安打とし、3回は1死二塁から適時三塁打を、いずれも加藤から放った。9回1死一塁で上原の真っすぐを捉えて右前へ。この日の3安打は全て左腕から記録した。

 前日10日の同カードでも、左腕の河野から2安打をマークし計3安打。同戦では9回に値千金の同点打も放ち、工藤監督からも「よく打ってくれた」と手放しでたたえられた男は、これで3試合連続の1試合2安打以上でもあり好調をキープする。左打者ながら今季は対左投手を相手に4割3分8厘と強みを示す22歳が、打線を勢いづけていく。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ