【クローズアップ】中村S力改善で急上昇 【芦屋】

西日本スポーツ

 猛烈な追い上げを見せた。2日目連勝で「めっちゃ出ている」と自分自身でも驚くほどのパワーを感じ取っていた中村日向(22)=香川=が、3日目は6枠の一走で4着。1Mは行き場なく後方に置かれながらもそこから前に迫り、改めて強力な機力を示した。

 その機力は「出足は沢田さんや同期の荒牧と同じぐらい」だが、伸びは抜けていた黒野元基が帰郷したことで総合的には節一と言って過言はない。「間違いなく上位に入っている」と胸を張る。

 毎期1点近く勝率を上積みし、今期(5月~)はA1昇格ペースと快調に飛ばす。その要因はS力の改善。タイミングも早くなっているが、「方法を変えてみて、S順が早くなっている」ことが大きい。S順が前期の3.2から2.6に上向いたことで「握って攻められるようになった」とその効果を実感する。

 同期の存在も大きい。「別格」と認める畑田汰一は先日の宮島周年でG1初出場し、初1着も挙げた。「向こうがライバルと思ってくれているかは分からないけど、刺激になる」。先を行く同期に近づくにも、優勝の実績は必須。そのためにも予選上位通過を目指す。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング