B2福岡注目の新戦力は「重冨ツインズ」福岡第一出身「地元でプレーうれしい」

西日本スポーツ

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)のライジングゼファー福岡が13日、福岡市内で新体制発表を行い、B1昇格を目標に掲げた。10月1日にホームで青森との開幕戦に挑む。

 今季は6選手が新加入。期待を背負うのが地元の福岡市出身で双子の重冨友希、周希だ。ともに福岡第一高3年の時、中心選手として全国高校総体と全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)の2冠を達成。兄の友希は「小さい頃から福岡で試合や練習をしてきた。地元でプレーできるのはうれしい」と喜ぶ。

 専大でもともにプレーした2人は攻守を素早く切り替える「トランジションバスケ」で息の合った連係を見せてきた。周希は「自分たちしか分からないアイコンタクトも出る。見て楽しんでほしい」と活躍を誓った。

 今季からヘッドコーチ(HC)に就任した福岡大大濠高出身の梅崎英毅HCは、女子日本代表アシスタントコーチなどを務めた経験がある。「ファンの皆さんが喜ぶバスケットを見せたい」。チームを2018~19年シーズン以来のB1復帰に導く決意を示した。(鬼塚淳乃介)

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング