男子8人がゴールデンキャップ 競輪選手養成所第2回記録会

西日本スポーツ

 JKAは13日、日本競輪選手養成所(静岡県伊豆市)で7、8、10日の3日間実施した121回生(男子)と122回生(女子)の「第2回記録会」で、男子8人がゴールデンキャップを獲得したと発表した。獲得者は、中野慎詞(22)=岩手、後藤大輝(20)=福岡、村田祐樹(23)=富山、東矢圭吾(22)=熊本、岸田剛(22)=福井、真鍋智寛(22)=愛媛、太田海也(22)=岡山、山口多聞(19)=埼玉。中野は第1回記録会の太田に続き、早期卒業候補者選定基準も超えたため、本人が希望した場合は早期卒業認定委員会で審議される予定。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング