東京五輪柔道金メダリストの素根輝、地元の福岡県庁を訪問 3年後のパリ五輪の金メダル誓う

西日本スポーツ 松田 達也

 東京五輪柔道女子78キロ超級で金メダルを獲得した素根輝(パーク24)=福岡県久留米市出身=が14日、福岡県庁を訪れ、服部誠太郎知事に「地元の皆さんの応援が力になって、最後まで強い気持ちで戦えた」と笑顔で報告した。

 金メダルを胸にかけた素根は、大会を振り返りながら服部知事と談笑。混合団体でも銀メダルを獲得した活躍に、服部知事は「まさに県民の誇りで、勇気と感動をくれた。座右の銘の『三倍努力』で心技体を磨いたことが勝利につながったのでしょう」とたたえた。

 21歳の素根は「期待に応えられてよかった。次の目標は(2024年の)パリ五輪での金メダル。まずは目の前の大会を一つずつ大事に戦っていきたい」と24歳で迎える次回大会を見据えた。(松田達也)

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング