西武・岸、決勝打&好守備にも走塁ミスに複雑な表情

西日本スポーツ

 ◆西武3-1日本ハム(14日、メットライフドーム 

 決勝打を放った西武の岸がお立ち台で複雑な表情を浮かべた。

 2回2死満塁から先制の中前2点打。中堅の守備でも3回無死二塁からタッチアップで三塁を狙った俊足の西川を刺すなど、見せ場をつくった。一方で、走塁死と痛恨のけん制死も記録。「ミスをたくさんしてしまった」と反省しながらも「(高橋)光成を援護することができて良かった。チーム全員で、毎試合勝利を目指していく」と振り返った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング