ソフトバンク打線、追いかける力はどこへ… 逆転Vに欠かせない「脱・貧打」

西日本スポーツ 倉成 孝史

 ◆ソフトバンク1-3ロッテ(14日、ペイペイドーム)

 もう追いかける力は残っていないのか。自力Vの可能性が再び消え、首位とのゲーム差は今季最大の7・5。逆転優勝は限りなく厳しくなった。「勝敗はベンチの責任。選手には思い切ってぶつかっていってほしい」。工藤監督はネバーギブアップの姿勢を強調したものの、打線の覇気のなさがトップの背中をより遠くさせる。

 気迫の投球を続けたエース千賀が2点を勝ち越された直後の8回だ。先頭の中村晃は3球目を打って出て左飛。続く柳田も左飛に倒れた。最後は初球を狙った栗原が中飛。頼みの上位打線の攻撃は、わずか7球で終えた。最終回はデスパイネ、ともに代打の長谷川と川島の3者連続三振で試合は幕を閉じた。

 奇跡の逆転Vへ、幸先よく号砲を鳴らしたかに見えた。初回。好調の1番牧原大が、ロメロの2球目直球を完璧に捉え右中間席へたたき込んだ。後半戦はここまで牧原大が得点をマークすれば5勝1分け、チームも初回に得点すれば5勝0敗だっただけに、先制の3号ソロはベンチを勇気づけた、はずだった。

 先制後、さらに2本の安打、売り出し中のリチャードが打ち気を我慢して四球を選び2死満塁のチャンスをつくった。だが、この好機で今宮が力ない二飛。「チャンスでもう1本となれば、いつも言っているけど出れば苦労はない」。工藤監督は冷静にそう振り返ったが、2回以降はわずか2安打と好機らしい好機さえつくれなかっただけに、1点止まりで終わった初回の攻撃が最後まで響いた。

 1試合でも落とせば自力Vの可能性が消滅する首位との3連戦で、あっさり初戦を落とした。3安打零封負けした12日の日本ハム戦に続き、5安打1得点の貧打戦。4位に沈むチームだが、防御率はリーグトップを維持している。打線の奮起なしに、ミラクルなど起こりえない。(倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ