甲斐が大ピンチで見せたギリギリ執念キャッチに賛辞続々「よう捕った」「すげええ」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(15日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの正捕手・甲斐が絶体絶命のピンチで執念の好捕を見せた。

 6回に登板した板東が1点リードを追いつかれ、田村への四球でなおも1死満塁とされ降板。代わった甲斐野が対した荻野の邪飛が、三塁側に上がった。

 三塁手・リチャードとともに懸命に追った甲斐が、ロッテベンチへ飛び込みそうな打球に身を乗り出し、ミットの先でギリギリの好捕。何とか体勢を立て直して捕球をアピールし、無事にアウトがコールされると「ふーっ」と大きく息をついた。

 ツイッターではファンから「よう捕った」「ビッグプレー」「すげええ」と賛辞が相次いだ。甲斐野も応えて、続く菅野を空振り三振に仕留め、同点で踏ん張った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ