西武栗山が晴れ舞台で感無量「憧れの野茂さんから…この上ない喜び」

西日本スポーツ

 4日の楽天戦でプロ野球史上54人目、西武の生え抜きでは初となる通算2000安打を達成した栗山巧外野手(38)の記念セレモニーが15日、メットライフドームでの日本ハム戦前に開かれた。

 大型ビジョンで栗山の歩みを振り返り、日本野球機構(NPB)から記念盾などが贈られた。秋山幸二氏ら名球会メンバーからの祝福メッセージが流れた後、プレゼンターを務めた野茂英雄氏から濃紺の名球会ブレザーを手渡され、笑顔で袖を通した。

 栗山は「憧れの野茂さんから名球会のブレザーを授与していただき、この上ない喜びを感じております。より一層身が引き締まる思いと、これからも目の前の一打席に集中して、一本一本積み重ねていきたいと、あらためて強く思いました」などとコメントした。

 栗山はプロ2年目のオフ、野茂氏を支えていたトレーナーの大川達也氏に師事。野茂氏と国内や米フロリダ州で合同自主トレをするなど、親交がある。セレモニーでは6月12日の中日戦で達成した通算2000試合出場も合わせて表彰された。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング