厳しい状況になったソフトバンク 継投策の問題点/西村龍次

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-5ロッテ(15日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・西村龍次の視点】

 4位のホークスは絶対に勝たないといけなかった試合。ポイントはいくつもあった。

 2番手の松本の交代機がまず一つ。不安定だったスチュワートの後を受け、流れを完全に引き寄せた投球内容とテンポの良さを見れば、もう1イニング投げさせてほしかった。

 松本は早い回からロングの救援ができる投手。あの内容で2イニングでの交代となると、ブルペンも慌てる。結果的に6回は板東が同点にされ、さらに1死満塁。ここは甲斐野が気迫の投球で乗り切ったが、7回の続投には疑問が残る。

 結論から言うと、決勝点を奪われた7回は甲斐野を代えてやった方が良かった。6回のピンチをあのテンションで抑えてベンチに帰ると、同じテンションに戻るのは難しい。

 攻撃では微妙な打球判断だったが、4回の今宮の適時打で、二塁走者のリチャードが生還できなかったのも響いた。

 4連敗でより厳しい状況になったのは事実だが、優勝が決まるまではそこを目指すべきだ。方針転換などをしていては、Aクラスに入ることも難しくなる。今カードの後は、敵地での楽天戦、ロッテ戦と続く。本当の正念場だ。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ