西武の連勝は「3」でストップ 日本ハム上沢を打ちあぐむ 松本は自己新の10奪三振も8敗目

西日本スポーツ

 ◆西武1-3日本ハム(16日、メットライフドーム)

 西武が日本ハム先発の上沢に8回まで1得点に抑えられ、連勝が「3」で止まった。

 15日は引き分けに持ち込み、連勝継続を誓って臨んだ一戦で、6月28日以来の白星を目指した先発の松本が2回にR・ロドリゲスに先制ソロを浴びた。5回は2死から石井と清水の連続長短打で2点目を献上。6回も1点を失った。

 打線は5回まで散発2安打。6回2死二塁で源田が右翼線へ適時三塁打を放ったが、なお2死三塁の好機で森が三直に倒れた。

 降板まで毎回奪三振を記録した松本は6回2/3を7安打3失点。自身初の2桁となる10奪三振をマークしながら、自己ワーストの今季8敗目を喫した。

 

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング