西武松本が自己ワーストの8敗目 自身初の2桁10奪三振も及ばず

西日本スポーツ

 ◆西武1-3日本ハム(16日、メットライフドーム)

 西武の松本が7回途中3失点で自己ワーストの8敗目を喫した。降板まで毎回奪三振と意地を見せ、自身初の2桁となる10奪三振の力投も6月28日以来の白星は遠かった。

 2回にR・ロドリゲスに真ん中低めのカーブを先制ソロとされた。3、4回を三者凡退と一度は持ち直した後、5回は2死から石井と清水の連続長短打で2点目を献上。6回も1点を失った。

 降板後は「きょうは点の取られ方が悪かったです。本塁打や長打で点を与えてしまいましたので。ただ、前回登板と比べるとテンポ、リズムともによく投げることができたので、その点は良かったです」と振り返った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング