ソフトバンクは痛い引き分け 8回の走塁ミスも響く 首位ロッテとの本拠地3連戦は2敗1分け

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-1ロッテ(16日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは痛い引き分けで連敗を止めることができず、首位ロッテとの本拠地3連戦は2敗1分けに終わった。

 初回に左前打で出塁した牧原大を一塁に置き、柳田がロッテ先発の二木から左翼フェンス直撃のタイムリー二塁打。幸先よく先制に成功したが、その後はホームが遠い試合展開が続いた。

 好投を続けながらも後半戦は勝ち運に見放されている先発のマルティネスは6回までロッテ打線を散発2安打に封じたが、7回に先頭の角中への四球、山口の右前打などで2死一、三塁とされ、代打安田に同点の右前打を許した。

 8回は戦列復帰したモイネロが約2カ月ぶりに1軍マウンドに上がって三者凡退。直後の攻撃で4番手の国吉を1死満塁と攻め、今宮が右飛。タッチアップを試みた代走上林が間に合わないと判断して三塁に戻ろうとしたが、間に合わずにタッチアウトになった。

 9回は松田の四球と代走釜元の二盗などで2死二塁として、川島が左前打。二塁から一気に本塁を突いた釜元が憤死して、ゲームセットとなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ