西武今井が同学年オリ山本との投げ合いに「楽しみたい気持ちもある」 今季は1勝1敗

西日本スポーツ 山田 孝人

 西武の今井達也投手(23)が、ハーラートップに立つオリックス山本との投げ合いに強い闘志を燃やした。

 18日のオリックス戦(京セラドーム大阪)に先発。今季の両者の顔合わせは1勝1敗で、今回が3度目だ。さらに今井には自己最多の8勝目がかかる。17日に大阪府内の施設で調整。「(山本は)パ・リーグで一番と言っていいぐらいの投手ですし、ましてや同い年。楽しみたい気持ちもあるし、チームが勝つこと、先発としての仕事を意識したい」と力を込めた。

 自身の状態には手応えがある。前回登板だった11日の同カード(メットライフドーム)では2年ぶりの完封勝利を挙げ、チームはそこから3連勝。残り30試合で上位進出を果たすためにも「前回登板と近い投球をしたいです」と、再びいい流れをチームに呼び込む決意を語った。京セラドーム大阪では8月21日の対戦で黒星を喫したものの8回2失点と好投。「イメージを生かしたい」と誓った。(山田孝人)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング