攻めても攻めても…J1鳥栖痛恨の引き分け シュートは11―1なのに

西日本スポーツ 松田 達也

 ◆明治安田生命J1第29節 鳥栖0-0大分(18日、駅前不動産スタジアム)

 九州のライバルの意地に阻まれた。後半終了間際、鳥栖が相手ゴール前で得たフリーキック(FK)。前節まで2試合連続でFKからゴールを決めていたエドゥアルドが狙いを定めた。そこで右足でのシュートを放ったのは樋口。だが得点はならず、大分のゴールを打ち破れなかった。

 序盤から樋口、小屋松、仙頭ら攻撃陣が積極的にミドルシュートを放った。シュート数は大分の1本に対して鳥栖は11本。樋口は「試合を通してゴール前に行きながら、決めきれなかった。力不足」と悔やんだ。

 台風14号の影響で17日から順延した仕切り直しの一戦。前線で敵陣を脅かした小屋松は「延期の大きな影響はなかった。1日空いたことで休息が取れたり、コミュニケーションを深めたりできた」と前向きに受け止めていた。

 熱気あふれる一戦には順延となっても6400人を超える観客が訪れ、両チームのサポーターがゴール裏を埋めた。だがJ1での大分とのダービーは2019年から4分け2敗。直近の順位とは関係なく、相性の悪さが出てしまった。

 この日でJ1残留は決まったが、順位は5位に後退。25日には2試合連続の九州ダービーとなるアウェーの福岡戦が控える。GK朴一圭は「いろんな方の思いも背負って戦う大事な一戦。相手も調子がいいし、順位が近づいているのでタフな試合になる」と気を引き締めた。(松田達也)

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング