新田V濃厚 共同通信社杯 【岐阜】

西日本スポーツ

 岐阜競輪のG2「第37回共同通信社杯」は19日、準決3番をメインに3日目を行った。10Rは主導権を奪った新山響平を3番手から平原康多が差したが、さらに外を地元期待の山口拳矢が伸ばして1着。11Rは前々に攻めた郡司浩平が3番手確保から差し切って3連勝。逃げた太田竜馬マークの清水裕友が2着、6番手で脚をためた杉森輝大は外強襲で3着に入りビッグ初優出。12Rは新田祐大-守沢太志-鈴木裕が確定板独占。鐘3半カマシの新田が押し切り、並んだ順で3車がゴールした。20日は11Rで決勝を行う。新山マークの新田が大本命。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング