今宮、後半戦初のスタメン2番 好相性の岸から適時打

西日本スポーツ

 ◆楽天4-2ソフトバンク(19日、楽天生命パーク宮城)

 後半戦に入って、初めて先発2番に座ったソフトバンク今宮が適時打を放った。

 1点ビハインドの3回2死二塁。試合前時点で今シーズン4打数3安打と好相性だった楽天の先発岸の投じた初球、甘い真っすぐを見逃さずに左前へと運んで首脳陣の期待に応えた。

 「チャンスだったので、とにかく思い切って打ちにいった」と振り返った一打だったが、連敗脱出にはつながらなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ