ソフトバンク打線がマー君に一発攻勢 栗原15号逆転2ラン デスパの2ランに続き

西日本スポーツ

 ◆楽天-ソフトバンク(20日、楽天生命パーク宮城)

 ソフトバンクの栗原が逆転の15号2ランをマークした。

 1点ビハインドの5回。2死から川瀬が左前打で出塁すると、栗原が楽天の先発田中将の初球、内角低めの145キロ真っすぐを捉えて、ライナー性の打球で右翼スタンドに突き刺した。8日の西武戦以来の一発。

 チームは2回に3点を先制されたものの、4回のデスパイエの2ランに続く本塁打。田中将に一発攻勢を浴びせて試合をひっくり返した。

 さらに続く柳田も中前打を放つと、デスパイネは四球でなどで一、二塁。ここで牧原大は左前へ運んで加点した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ