東京五輪で銀メダルを獲得した女子バスケ日本代表 新監督は恩塚氏

西日本スポーツ 末継 智章

 東京五輪で銀メダルを獲得して注目を集めたバスケットボール女子日本代表の新監督に恩塚亨氏(42)が就任することが21日、発表された。27日からヨルダンで行われるアジア・カップに臨む。代表候補13人のうち五輪代表は5人だけで、26歳の林咲希(ENEOS)=福岡県糸島市出身=が主将に就任。林は五輪からの進化をテーマに掲げ、大会5連覇を目指す。(末継智章)

   ◇    ◇

 恩塚亨監督は初陣となるアジア・カップに向けて「目標は優勝。その次に、代表を通じてバスケット界を変えたい」と力を込めた。東京五輪で日本は出場チーム中最多となる1試合平均12・2本の3点シュートを成功。多様な攻撃パターンを選手が遂行し、シュートを打つ選手がノーマークになる状況をつくった。

 今回も3点シュートを積極的に狙う基本的な戦い方は継続する一方で、選手がチャンスと判断すればゴール下や中距離からの2点シュートも積極的に狙うよう自主性を促している。

 育成年代を含めた日本のバスケットボール界で時折見られる、ベンチからの指示に依存する風潮を変えるのが狙い。「ただの速さだけでなく、コート上の5人が瞬時に状況を判断し、協力して戦うようにしたい。世界一のアジリティー(敏しょう性)を追求する」と選手に競技に対するより深い知識と戦術理解を求めた。

 選手の感性を尊重しながら連係を深めるには時間がかかるが、8月下旬からの合宿を通じて「70パーセントぐらいの仕上がり。ボールを持っている選手の意図を残り4人が感じ、サポートできるようにしたい」と27日の開幕までに仕上げる自信をのぞかせた。

   ×    ×

 ◆恩塚亨(おんづか・とおる)1979年6月5日生まれ。大分県中津市出身。大分・中津南高から筑波大を経て2002年に千葉・渋谷教育幕張高の教員を務め、指導者となる。東京医療保健大では創部した06年から率い、スタッフとして女子日本代表の強化にも尽力。17年からは同代表のアシスタントコーチに就任した。

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング