森、味方失策にも冷静「自分らしい良い投球」

西日本スポーツ

 ◆ロッテ1-4ソフトバンク(22日、ZOZOマリンスタジアム)

 守護神の森が、2試合連続のセーブをマークした。3点リードの最終回に登板。いきなり無死から味方の失策で走者を二塁に背負ったが、落ち着いて続くレアードを中飛に仕留めた。

 さらに角中を右飛に打ち取ると、最後は山口をカットボールで遊ゴロ。「前回の登板の反省を生かして今日は自分らしい良い投球だったと思います。今日のような投球を続ける事が大事」。残り試合もフル回転で貢献していく覚悟だ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ