羽野らオール3連対 ヤングダービー 【徳山】

西日本スポーツ

 徳山ボートのプレミアムG1「第8回ヤングダービー」は22日、予選2日目を争った。初日のドリームを制した上條暢嵩は4、5枠で2、3着にまとめ、オール3連対。シリーズの主導権はまだまだ手放さない。連勝発進だった関浩哉と栗城匠も、連勝は止まったが、関は4枠で2着、栗城は5枠で3着と好ペースを維持する。羽野直也、近江翔吾、中村晃朋、入海馨もオール3連対。一方、ドリーム1枠で6着に敗れた上田龍星は2日目も6、3着にとどまり、瀬戸際に立たされた。最優秀新人のタイトルを持つ宮之原輝紀も低調機に手を焼き、3走して計6点ともう後がない。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング