西武、今季初サヨナラ勝ち 9回2死から満塁機つくり代打柘植タイムリー 2点差追い付かれ執念

西日本新聞

 ◆西武4-3楽天(23日、メットライフドーム)

 西武は初回、2死から森が先制の10号ソロ本塁打を放った。滝中の初球ストレートを右翼席へと運び、2シーズンぶり、プロ5度目の2桁本塁打に到達した。

 4回に連打と犠飛などで追い付かれたが、5回に1死一、三塁からダブルスチールに成功させて勝ち越した。一走森がスタートを切り、捕手炭谷が二塁送球すると、三走源田が本塁を突いた。さらに6回、呉念庭のソロで突き放した。

 だが、6回1失点と好投を見せていた先発松本が7回に岡島、茂木に連打を浴びて失点。さらに松本から代わった公文が代打カスティーヨに同点の左前適時打を浴びた。

 それでも最後は執念で勝ち越した。9回、西武は2死から森の二塁打などで満塁のチャンスをつくり、金子に代わった代打柘植が左前にサヨナラ打を放った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング