打線かみ合い始めたソフトバンク 存在感増す「新6番」牧原大が猛打賞

西日本スポーツ 倉成 孝史

 ◆ロッテ0-5ソフトバンク(23日、ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンクは、好調な中軸だけでなく「新6番」の存在が打線を活性化させている。柳田の一発で先制した2回。なおも無死二塁で、牧原大が土肥の直球を鋭く右前へはじき返した。一、三塁と好機を拡大。松田の犠飛へとつなげ、その後自らも三森の適時打で生還し、3点の先制パンチに貢献した。「自分の役割を果たそうと試合に臨みました」。4回には先頭で左前打、7回にも内野安打を放ち、今季4度目の3安打猛打賞と大暴れした。

 本来は主に1番を任されるが、柳田が4番に入った20日の楽天戦から6番を担っている。小久保ヘッドコーチは「(中軸で)チャンスメークしたのを牧原でかえすみたいなイメージ。それが機能している」と説明。柳田と並びチームトップタイの打率(3割7厘)を誇る牧原大を、好調な中軸3人の後ろに配置し、これまでになかったつながりを生み出している。

 1番でも好調を維持していたが、6番に入ってからの3試合は12打数5安打2打点でチームは3連勝だ。「いい感覚を継続することができている。勝ちにつながる活躍をしていければ」。中軸とともに「新6番」も奇跡の立役者になる。(倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ