今季初サヨナラ西武、代打柘植が決めた! 今季代打で7打数無安打も「打撃がいいから」と辻監督

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武4-3楽天(23日、メットライフドーム)

 今季初めて西武がサヨナラのドラマが完結させた。同点の9回2死満塁。主役は2年目の代打、柘植が務めた。プロ初のサヨナラ左前打。「勝つイメージだけして打席に立った。気持ちよかった」。仲間たちの祝福を受け、笑顔に包まれた。

 8、9回とピンチをしのぎ、最後の攻撃に懸けた。簡単に2死とされたが、満塁と攻め立て、辻監督から「打撃がいいから」と指名を受けた。今季は代打で7打数無安打。打撃練習では代打をイメージして、初球を大切にするなど備えてきた。

 そして劇的な一打が生まれた。世那の名前はF1で活躍した故アイルトン・セナとドラマ「ロングバケーション」で木村拓哉が演じた「瀬名」に由来する。ここ一番でキムタクばりの主役を演じて見せた。

 もちろん主役だけではドラマは完結しない。森が全5打席出塁と脇役と呼ぶには失礼な大活躍。初回に2年ぶりの2桁に到達する10号先制ソロを放てば、9回2死から左中間二塁打で起点をつくった。「チームも勢いづいたと思うので、明日も粘り強く勝てるように頑張ります」と誓った。

 1日にして自力CS進出の可能性も復活。何より劇的な勝利は獅子を“長い休暇”からよみがえらせるはずだ。辻監督も「気合入れていきます」。24日からは首位ロッテを本拠地に迎え撃つ。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング