羽野が得点率トップ ヤングダービー 【徳山】

西日本スポーツ

 徳山ボートのプレミアムG1「第8回ヤングダービー」は24日、予選最終日の4日目を迎える。3日目を終えてのトップは羽野直也。着実に上向く機力と自在なハンドルがさえ渡ってオール3連対。同じくオール3連対の強力パワー・関浩哉が2位で続き、4日目の枠番を考えると首位争いは両者に絞られたか。以下も枠番を踏まえると激戦模様で、3位栗城匠、4位上條暢嵩に、5位タイに並ぶ面々にも準優1枠の可能性ありだ。ドリーム1枠だった上田龍星は本調子を欠き得点率は3・80。早くも予選突破が絶望的になった。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング