西武今井、大荒れ7四球「自滅です」今季最短3回KO

西日本スポーツ

 ◆西武-ロッテ(24日、メットライフドーム)

 西武の今井が今季最短3回で降板した。4安打7四球で3失点。

 初回は先頭荻野への四球から始まり、3四球も絡んで2点を失った。

 2回1死から荻野に中前打を許すと、再び制球が不安定に。藤原、中村奨、レアードといずれもストレートの四球で押し出しで1点を追加された。この間、12球連続ボールとなった。

 3回は無失点に終えたが、球数は90まで達した。

 今井は「ブルペンでは悪くなかったのですが…。どの球種でもカウントを取ることができませんでした。追い込んでからもファウルで粘られてしまい、(その後の球が)ボールになってしまいました。自滅です」と反省のコメントを並べた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング