甲斐、城島健司氏以来の3年連続2桁本塁打

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-4日本ハム(24日、ペイペイドーム)

 甲斐が球団では2001~05年の城島健司(現球団会長付特別アドバイザー)以来となる3年連続2桁本塁打をマークした。

 2点をリードされていた8回1死から上沢のカットボールを左翼スタンドにたたき込み一矢報いた。「ビハインドの場面でなんとかしたいと、その気持ちだけでした」と振り返った。

 19、20年はいずれも11本塁打を放っている正捕手に、工藤監督も「捕手で10打つって、良いバッターじゃないとそうそう打てない」とたたえた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ